【ラス枠のメリット・デメリット】オナクラのラスト客はアフターできるのか?

9月1日更新
527件のお店を掲載中!

【ラス枠のメリット・デメリット】オナクラのラスト客はアフターできるのか?

画像準備中

そもそも「ラス枠(ラスト客)」って??

「ラス枠」は「ラスト客」とも言われ、オナクラ嬢の1日の最後の客になるということです。これの反対語が「口開け客(その日最初の客)」になります。今回はラスト客のメリットやデメリットについて考えていきたいと思います。

ラスト客のデメリット

悪い話ほど最初に聞いてみる!今回はまず初めにラスト客のデメリットの方から紹介していきたいと思います。

【ラスト客のデメリット①】他人の精子にまみれてる!

ちょっと衝撃的な言葉を使いましたが、ラストのオナクラ嬢は「冷静に考えてみるとかなり不潔です(笑)」1日で数多くの男性のペニスを手コキしたり、精液が身体に触れまくっています。

もちろん接客の都度、消毒や手洗いなど清潔にはしていると思いますが、「何人もの男性を相手にした後」という事実やオナクラではプレイ前にシャワータイムがないので、「本当にキレイだよね?」と気になってしまいます。

【ラスト客のデメリット②】体力の限界!握力すらなくなってる

「あなたは最高何時間手コキ(オナニー)をできますか?」ちなみに世界記録は9時間58分です(どうでもいい話をすいません…笑)!オナクラでは手コキのサービスが一般的であり、勤務時間の大半は手コキをしてるかもしれません。勤務時間によっては、男性の世界記録並の時間を手コキし続けてます(笑)

さらに別のオプションなど色々なサービスもそこにプラスされてきますので、ラストでの体力は限界フラフラです。あなたのペニスを握る握力もギリギリ…ラスト客ではこのような状態になっている可能性もあります。

【ラスト客のデメリット③】もはや悟りの境地。リアクションが薄い

数多くの男性にサービスをしているので、当然数多くのペニスやオナニー姿を見ています。いくら素人感のあふれる初々しいオナクラ嬢でも、「見てない型のオナニーはない!」となっているかもしれません!そんな状態で「素人っぽいオナクラ嬢の反応を楽しみたい!」なんて言っても、無理な話ですよね(笑)

オナクラ嬢たちは「ラスト客」をどう思ってる?

それでは次にラスト客と聞いてどんなイメージを持つのか?現役のオナクラ嬢の意見を聞いてみました!

【ラスト客って①】「アフター狙いがバレバレ」

アフターについては後ほど詳しく説明しますが、やはりラスト客になって「オナクラ嬢を連れ出したい!」という欲望にまみれた男性客がかなり多いようです。「ラスト客=ややこしい客」と認識しているオナクラ嬢もいるそうで、あまり印象はよくありません。

【ラスト客って②】「帰れると思ってたのに(半ギレ)」

「勤務時間いっぱいまで働くのは社会の常識だろ!」と説教をかましたくなりますが、皆さんも理解できるのではないでしょうか?「やっと帰れる」「もう今日は終わり」と思ってて客がつくとイラついてしまうオナクラ嬢もいるそうです。

もちろんお金が発生するのでそんな態度は接客中に見せてこないオナクラ嬢が圧倒的に多数ですが、本音では「帰れると思ってたのに」と思うこともあるそうです。

【ラスト客って③】「残った力をサービスにぶつける」

「なんて素晴らしいオナクラ嬢なんでしょう!」こんな考えのオナクラ嬢ならずっと指名したくなりますね!やはり日中は残りの勤務時間などの関係でどうしても体力をセーブしてしまっているが、ラスト客は体力を使い果たしてもOK!ということでラストスパートで最高のサービスをしてくれる素晴らしいオナクラ嬢もいるそうです。

ラスト客のメリットって…

さあ!お待ちかねのラスト客のメリットです!

え?まさか「メリットなし?」と思いました?

他の風俗では

・客に触られ続けてエロモードになって、本番をさせてくれた!

・接客をしまくってゾーンに入っていたからすごいサービスだった!

みたいなことはありますが、オナクラはソフトサービスなので「触られないのでエロモードになりにくく、接客を重ねてもテンションが上がらない!」という特徴があります。

「ではラスト客のメリット」は何もないのか?大丈夫!ちゃんと説明しますので慌てないで下さい!!

【ラスト客最強のメリット】アフターに誘いやすい!

最大にして最強のメリット!それはラスト客だと「アフターに誘いやすい」ということです。アフターとは勤務時間以外でお店を通さずにプライベートで会うことです。

わかりやすく言えば、完全にオナクラ嬢との個人的な関係によってのみ「デート」することです。

【要注意】オナクラなどの風俗店はアフターを禁止してる!!

「アフターって素晴らしい」と思った方も多いかもしれませんが…。キャバクラやクラブではアフターはお店公認ですが、オナクラなど風俗業界はアフターを禁止しています!店外デートに誘ったり、連絡先を交換したりする行為にはペナルティが課せられ、多額の罰金を払わせる店舗もあり、トラブルの原因となります。

【なぜ、アフターをしたいのか?】それはオナクラ嬢とセックスしたいから!

禁止されているにもかかわらず、なぜ男はアフターをしたいのか?本気で好きになった!という方もいるかもしれませんが、セフレ、ヤリモクなど最大の目的は「セックスがしたい!」ということです。

もちろん「アフター=即セックス」なんて簡単な話ではありませんが、アフター連れ出せないとプライベートで仲良くなることは難しいですよね。

ラスト客はなぜアフターの可能性が上がると言われているのか?

なぜアフターの可能性がラスト客だと高まると言われているのか?

・「仕事が終わる◯時間後に、ご飯でも食べに行かない?」

・「この後、ご飯でも食べに行かない?」

この二つを比べると後者の方が誘いに付き合ってくれる確率が高そうなのはわかりますよね?勤務の途中で誘われると「仕事が終わった後のコンディションがどうなってるか?」とか、そもそもあなたの印象が弱くなり、仕事終わりにアフターしてみようという気持ちは低くなります。

また、休日に誘うということを考えてみても、「わざわざ休日を潰して客と会う!」ということはさらにハードルが高いため、結局のところ消去法で「ラスト客」がアフターに誘いやすい!と言われてるだけかもしれませんね。

【まとめ】オナクラでは「口開け客」のほうがメリットは多い…だけど!!

こうやって整理してみると、オナクラではラスト客のメリットはよく比較される「口開け客」の方に軍配が上がるのかもしれません。

ラスト客は「オナクラ嬢をアフターに誘いやすい」もし誘いが成功すれば、それだけで射精してしまいそうなロマン溢れる話ですが、先に述べたように店側からすれば

・オナクラ嬢と恋仲になって仕事を辞める

・客が店に来なくなって稼ぎが減る

・女の子が危険な目にあうなど秩序が乱れる

といったようにデメリットしかないため、罰金など厳しい対応してきます。

また、キャバクラなどと違って、そもそも風俗嬢とアフターに成功することは極めて難しいです。

でも!ネットでは「アフターに成功してセックスできた」なんて体験談が掲示板やブログに、溢れていますよね?色々と調べてみると、ソフトサービスのオナクラ嬢だからアフターの難易度が高い!というわけではない!というような話も…オナクラ嬢の方が素人感覚の延長で働いているため、個人的に会うというアフターへのハードルが低い女の子が多いのかもしれませんね。

噂の真相はわかりませんが(笑)色々な可能性も含めて一度は自分でラスト客として何度か遊んでみてはいかがでしょうか?