店舗型オナクラと派遣型オナクラの違い!メリット・デメリットは?

4月1日更新
327件のお店を掲載中!

店舗型オナクラと派遣型オナクラの違い!メリット・デメリットは?

画像準備中

店舗型?派遣型?あなたに向いてるのは?

「店舗型」「派遣型」オナクラでは大きく分けて二つの形態があります。ただプレイする場所が違うだけ?…となんとなく理解している方も多いと思いますが、細かな流れの違いや、それぞれにメリットやデメリットがあります。それでは「あなたはどちらの形態のオナクラで遊ぶ方が向いているのか?」お互いにどんな違いがあるのかを紹介していきたいと思います。

店舗型オナクラについて

風俗街などに看板を掲げて営業しており、実際にお店まで行って受付をした後に、店内のプレイルームで遊ぶ形態です。店舗型は受付からプレイ終了まで全て同じ場所で遊ぶことができるため、待ち時間を少なくスムーズに遊ぶことができます。入店から受付や待合室の雰囲気など「これからオナクラで遊ぶぞー!」と気持ちを盛り上げながら遊ぶことができます。

店舗型のメリット

まずは店舗型のメリットはお店を構えて営業している以上、店側は常に一定数のオナクラ嬢を揃えているため、ある程度選択肢を持って女の子を選ぶことができます。また、交通費やホテル代などの追加料金が発生しませんし、受付からプレイ終了まで無駄な時間を使うことなく最短で、安心して遊ぶことができます。

店舗型のデメリット

店舗型のオナクラ店は風俗街の中にあることが多く、「風俗街を歩きたくない」「待合室などで他の男性と会いたくない」という理由など、オナクラ店で遊んでいるところを見られたくないという男性には向いていません。また常に店内には男性従業員がいるため、裏オプションの交渉などはやりにくく、個人的に親密なることも監視されているため、ハードルが高くなります。

派遣型オナクラについて

店舗を持たずにオナクラ嬢を自宅やホテルやレンタルルームなどに、派遣してプレイする形態のことです。電話などで女の子を自宅やホテルなどに派遣してもらいます。自宅で恋人気分を味わったり、ホテルでゆっくりと女の子と2人きりでプレイすることができます。

派遣型のメリット

自宅やホテルなど、女の子の方が来てくれるため、わざわざ風俗街を歩いたり、知り合いに会うことを警戒する必要もありません。また、自宅やホテルの個室でオナクラ嬢と2人っきりになることができるため、中で何が行われているかは誰にもわかりませんよね?色々な展開を期待せずにはいられません(笑)

派遣型のデメリット

ホテルやレンタルルームに女の子を派遣してもらう場合は、プレイ代金のほかに交通費やホテル代等が追加で必要になります。自宅の場合はホテル代等は不要ですが、声が隣の家に聞こえたり、プレイ後の掃除や後片付けを自分でやる必要があるため「気になってプレイに集中できない」という方にはオススメできません。また、オナクラ店に連絡してから女の子が派遣されるまで時間を要するため、店舗型に比べてプレイ開始までの時間が長くなる傾向があります。

結局どちらがオススメ?

店舗型も派遣型も細かな流れが違うだけで基本的にプレイの内容は変わりませんので、一概にどっちがオススメとは正直言えません!お互いのメリット・デメリットを理解したうえで、例えば自宅でリラックスして恋人気分を味わいたい方は派遣型を!とにかく早くヌキたい方はプレイまでの流れがスムーズで女の子が揃っている店舗型をオススメします。その日の気分やコンディション、そして周りの環境などを考慮して自分にあった形態のオナクラで遊んでください。