オナクラ通い!嫁・彼女にバレる理由ベスト7

4月1日更新
327件のお店を掲載中!

オナクラ通い!嫁・彼女にバレる理由ベスト7

画像準備中

オナクラ通いがバレたくない

「オナクラで遊んでいることが嫁や彼女にバレたら…」そんな不安をお持ちの男性は多いはずです。バレたら「別れる!離婚!」だと考えると、オナクラに行かなければいいのですが…「パートナーがいてもやっぱり行きたい!」そう思ってしまうのが男の悲しいところです(笑)バレることが全く怖くない(そもそもそんな相手がいない)!そんな男性はこの記事を読む必要はありませんが、オナクラ遊びがバレる理由について順番に解説していきたいと思います!

【第7位】性病に感染

「なんかムズムズと調子が悪いなぁー」知らないうちに性病に感染してしまい、パートナーに移してしまった!そんなケースでバレることもあります。もし病気になってしまったら、パートナーにどんな言い訳をしても…怒られる未来しか見えません(笑)もちろんオナクラでも「性病に感染するリスクがゼロ!」というわけではありません。しかし最も性病になりにくい風俗なので、少し安心だと言えますが、疑わしいプレイをした後は、しばらくパートナーとの行為を避けるなど、配慮するほうが無難であると言えます。

【第6位】現場を目撃される

・オナクラ入る瞬間 ・自宅にオナクラ嬢を呼んで遭遇 直接目撃されると言い逃れができませよね?現行犯逮捕みたいなものです(笑)自宅で遭遇するなんて嘘のような話ですが、実際に起こっておるという事実です。しかもパートナーだけでなく、その友人に見られて告げ口された…なんてことも。しかしながら実際に目撃された方は相当運が悪く、頻度的には少ないようです。

【第5位】クレジットの明細やお金の流れ

おこづかい制などで、パートナーに財布や銀行口座を握られている方は、不自然なお金の流れで風俗通いがバレることもあります。オナクラは比較的価格が安価であるため「普通に飲みに行っただけ」などお金の流れは、言い訳が使いやすいですが、クレジットカードの明細から店舗名がバレるなんてこともありますので、注意が必要です。

【第4位】帰ってきた後の行動

・消臭スプレーを使ってる ・すぐにシャワーを浴びる ・急にお喋りになる オナクラで遊んだ負い目から、なんとかフォローしてしまう!そんな男性の行動にパートナーは敏感です。不安に思う気持ちはわかりますが、オナクラ帰りであるほど、堂々と帰宅してみましょう!

【第3位】名刺やポイントカードが発見される

オナクラ嬢からの名刺やポイントカード、割引券など「後で処分しよう」とか「次、遊ぶときに割引してもらおう」なんて思って、ついついポケットや財布に入れっぱなしにしていると…「パートナーに見つかる!」なんて悲劇を招きます。「名刺やポイントカードは受け取らない!」もしくは「オナクラ店を出たらすぐに処分する!」ということを心掛けましょう。それでも「どうしても名刺を残したい!」「割引を使いたい」方はパートナーに見つからない場所(会社のロッカーや車の中など)に保管しましょう。

【第2位】本人は気づかない匂い

・お風呂上がりの匂い ・香水の香り ・うがい薬の臭い ・単純に別の女の匂い 「なんかいつもと違う!」そんな微妙な匂いの変化!オナクラではシャワーを浴びない店舗が多いため、他の風俗よりも安心ですが「女の勘は鋭いです」自分ではこれぐらい大丈夫だろう!と思っても、それは鼻が慣れてしまって感じていないだけです!

【第1位】スマホやパソコンの検索履歴

「どのオナクラ店で遊ぼうかな?」そんなことを考えながら検索している時って一番楽しい瞬間ですよね?でもスマホやパソコンの検索履歴、お店への通話履歴などからオナクラ通いがバレることが多いです!スマホに関してはではシークレットモードを有効活用することで履歴を残さず検索することも可能です。中には「会社のパソコンで検索する!」なんてツワモノも(笑)検索履歴や通話履歴が残らないように細心の注意を払うようにしましょう。終わったら履歴ごと消す!が、キーワードです。

結論:バレないようにするためには

バレないように気をつけるべきポイントは「油断しないこと!」だと思います。バレないように!と気を使っている時って、そう簡単に見つかることはないんですよね。でも何回か遊んでいるうちに「まず気付かないだろう」とか「これぐらい大丈夫だろう」と気持ちの緩みが出てしまい、結果パートナーにオナクラ通いがバレてしまうことが多いです。いつまでも「もしバレたら…」という気持ちを持ち続け、どうかバレないようにオナクラで遊び続けて下さい。