オナクラってどこまで出来る?可能なハードプレイまとめ

4月1日更新
327件のお店を掲載中!

オナクラってどこまで出来る?可能なハードプレイまとめ

画像準備中

オナクラで可能なハードプレイの限界!

・ただオナニーを見てもらうだけ ・脱がない ・触れない が基本コンセプトですが、オプションを追加することで様々なプレイを実現できることができます!今回は「オナクラで実現できるハードプレイ 」はどこまでか?テーマごとにわかりやすく説明していきたいと思います。

まずはどこまで脱がせられるのか?

ハードプレイの前にまず、大切なのは脱ぎ系オプションです!やはり服を脱がないと始まりませんよね!結論から言うとオナクラではオールヌード(全裸)まで脱がすことが可能です(オプションNGな女の子はもちろん存在しますが…)他にも ・下着やランジェリー姿 ・トップレス(上半身裸) など様々な脱ぎ系オプションが存在します!基本的には裸に近づけば近づくほど、オプション料金が高くなったり、NGとしているオナクラ嬢が増えますが、それほどハードルの高いものではありません。

風俗の王道サービスはできるの?

フェラチオは風俗では一般的なサービスですが、オナクラでは通常フェラのサービスあまり無いため、ハードプレイに分類されます。オプションとして「ゴムフェラ」を採用している店舗はありますが、普通のフェラいわゆる「生フェラ」ができるオナクラ店はかなり少ないです。もちろん個人オプションとして生フェラをしてくれるオナクラ嬢も存在しますが、結論としては基本的にゴムフェラで(ゴムフェラを採用してる店舗もそこまで多くない)生フェラのできるオナクラ店はわずかだと言えます。

アソコへのお触り

・服の上からタッチ ・パンツの上から教わり ・指入れ(手マン) と似たように色々な名前が付けられてますが、要するに服の枚数が減っていってるだけで、最終的にはオナクラで手マンをすることはできます!脱ぎ系のオプションと同じですが、基本的には服が減るほどにオプション料金が高くなったり、NGとしているオナクラ嬢が増えていきます。

ちょっとキツめ?スカトロ系

・聖水 ・排泄鑑賞 ・アナル攻め スカトロ系のプレイもオプションとして準備されている店舗もあります。アナル攻めに関してはオナクラ嬢のアナルを攻めるのではなく、オナクラでは男性のアナルを攻めてもらうことが一般的です。排尿・排泄関係についてはオプションOKとなっていても、体調やタイミングが合わなければ実現できないという、オナクラでは希少性のあるプレイと言えます。

M男にはたまらないSM系

・ビンタ ・蹴り ・唾たらし ・顔面騎乗 オナクラでは基本的に道具などを使わないソフトな攻め系オプションが、中心です。もちろん男性からオナクラ嬢をいじめたりすることはできません。オナクラで遊ぶ男性はMの属性の方が多いため、オプションとして採用している店舗も多く、比較的安価で遊ぶことができます。

男が目指す場所は?そう本番

「やっぱり本番(挿入)したい」誰もが目標とするところでしょう。しかしそもそも本番は法律で禁止されており、オナクラはソフトサービス中心で本番とは無縁ですが、「個室で2人っきり」だと中で何が行われているかわかりませんよね?しかもオナクラは「裏オプションや個人オプションが多い」というもっぱらの噂です!ひょっとすると?なんて期待を抱かずにはいられませんよね。

まとめ

制約が多そうなオナクラも、オプション次第でかなりのハードプレイまで実現することができます。しかもあまり手慣れてないために、本当に素人の女の子とハードプレイをしているような感覚になります!オプション代がかかっても「オナクラでハードプレイがしたい」という男性が多いのも納得できますね。