オナクラでハズレ・地雷嬢を引かない5つのポイント

4月1日更新
327件のお店を掲載中!

オナクラでハズレ・地雷嬢を引かない5つのポイント

画像準備中

ハズレ・地雷嬢を引かないポイント

「ハズレ・地雷嬢を引いてしまった時」オナクラに来たことを死ぬほど後悔した経験ってありますよね?(笑)どんな人気の店で遊んでも、結局は自分の目の前に来た女の子次第。そんなことはわかっていても、実際に女の子と会うまでハズレかどうかわからない!と諦めていませんか?実は事前気をつけるべきポイントを知っていれば、ハズレを引く確率をグッと下げられることをご存知ですか?今回はハズレ・地雷嬢を見極める時に利用するツールやその注意点について解説していきたいと思います!

インターネットを駆使する!

会わずにハズレ・地雷嬢か判断するには、やはりネットを使うしかありません!そこでまずは手っ取り早く情報を仕入れる方法として、店舗のホームページを確認していきます

1.みんな可愛いプロフィール写真!

まずは女の子一覧からプロフィール写真を見てみましょう。「こんなに可愛い子がいるなんて…この子に決めた!」という風に、プロフィール写真を鵜呑みしてしまうことは危険です!なぜなら写真なんて簡単に修正できるかるです。もはや、オナクラ嬢のすべての写真は加工されてると思っても間違いありません(笑)プロフィール写真の使い方は「全体的な雰囲気の把握」目星をつける程度にしてください。ここで即決すると「ハズレ・地雷嬢とご対面!」なんてことになりますよ。

2.紹介文の裏側を読め!

写真の次はプロフィールの紹介文を見てみましょう。紹介文は宣伝のために書かれており、基本的に女の子を褒めて褒めまくってます!間違っても「ブスだ」とか「テクニックがない」なんて書いてありません。しかし、その中にも裏側には必ずヒントが隠されています!例えば、可愛いオナクラ嬢であれば、細かく具体的にその容姿の特徴が書かれてあり、逆に容姿が良くないと「癒し系」「愛嬌がある」など抽象的な情報でぼやかしてあります。スリーサイズについてもサバ読みが当たり前 ・おっぱいはより大きく ・ウエストはより細く 特にウエストは10センチ以上のサバ読みも普通です!基準としては60センチ未満であれば「一般的に見て普通」レベルの女の子が多く、逆に60センチを超えてくると「太っている」女の子であると言えます。

3.宝の宝庫!写メ日記

今日遊んだ女の子は俺のこと書いてるかな?なんてために写メ日記を使うのではありません!(笑)写メ日記は宣材用にとられたプロフィール写真とは違って、オナクラ嬢が自撮りしていることが多いため、より本物に近い姿が見れる宝のツールなのです!もちろん最近はSNOWなど写真加工アプリなどもあり注意が必要ですが、いくつかの写メを確認し、よりナチュラルに写っている写真を探すことで実物に近いイメージを持てます!また、更新頻度が高い女の子や丁寧に客へのメッセージを書いている女の子はそれだけ仕事に熱心で、サービスを期待することができるかもしれません。

4.ランキングだけを鵜呑みにはしない

いきなり話の腰を折るようで申し訳ありませんが「ランキング上位の女の子を指名すれば満足すること間違いなし!」とは言い切れません。もちろんランキングに入る女の子は人気が高く、満足できる女の子である確率は高く、ハズレ・地雷嬢を避けることはできるかもしれません。しかし、あまり客のついていない女の子をランキングに掲載して、客をつけるようにする悪魔のようなランキング操作や、ルックスだけが良く、初回の客が騙されて指名するため上位ではあるが、中身はハズレ・地雷嬢!というケースもあります。あくまでも参考程度にしてください。

5.利用者のナマの声!口コミサイト

ホームページである程度、候補のオナクラ嬢を絞ったら、次は口コミサイトをチェックしてみましょう!口コミサイトは実際に体験談した素人のナマの感想が書かれているため、容姿やサービスの内容について忖度することなく事実が書かれています!もちろん誰でも書き込めるということは、従業員や業者が人気を上げるために嘘の書き込みをしたり、自分のお気に入りのオナクラ嬢を隠す為、嘘の悪い情報を書くといった行為もあります(なんて卑劣なやつだ!)情報の信憑性を見抜くことは難しいですが、口コミが多いオナクラ嬢はそれだけ世間からの関心が高いので、調べてみる価値はあると思います!

まずはハズレ・地雷嬢を極力避けてみる

ハズレ・地雷嬢を引かないポイントについて紹介しましたが、残念ながらこれだけやれば安心!というものは存在しません。やはり色々な角度から検証することでハズレ・地雷嬢を引く確率を下げていくとが大事です!体当たりで何も下調べすることなく遊ぶよりも、まず、今回紹介した5つのポイントからオナクラ嬢を検証してみることが大切です!死ぬほど後悔する!あんな気持ちはもう味わいたくないですもんね…(笑)